interview先輩の声

金澤

運用部運用第1課|大分

気を配りながらバリバリと
業務を進める先輩に憧れています。

金澤 さん | 2020年入社

  • 金澤
  • 得意な分野でスキルを活かす。

    大学卒業後、不動産管理会社の営業職として就職しましたが、結婚し夫の転勤で大分に引越しました。
    前職の営業職、貿易事務では、社内外とのやり取りや、調整業務を主におこなってきましたが、一方で自分自身、趣味で行っている翻訳の勉強のように黙々と1つのことを突き詰める作業も好きであると感じていました。SVという業務は、SV間でコミュニケーションを取りながら、効率よく業務を進めると同時に、SV自身もオペレータの入力ルールを覚えエントリ作業を行うこともあるため、自分にぴったりと思いこの職種を選びました。

    今、データエントリの運用、オペレータの監視を行っています。全体の納品件数の進捗を見て、効率よく納品を進めるためにオペレータを適切な工程へ配置したり、エントリする上でオペレータが判断に迷う箇所や不明点がある場合は、質問対応をしています。我々がエントリした内容が保険金の支払いに直結する為、慎重な対応が必要だと実感しています。

  • 金澤
  • オペレータの成長が励みになります。

    最近は、新規で受け入れたオペレータの教育を任せてもらうことが多いのですが、受入当初はルール習得に苦戦していたオペレータが教育やエントリ作業を重ねるにつれて生産性や精度が上がったり、複雑な帳票もサクサクとこなしている姿を見ると、オペレータの成長を実感でき、やりがいを感じます。自分自身も医療用語の知識やルール理解がまだまだと感じることが多いため、先輩に質問しながら、一緒に成長していっています。

    まわりのメンバーは、責任感が強く、自主的に問題点を見つけ、解決しようと積極的に行動していると思います。また大人数のオペレータを取りまとめる仕事なため、人に対する気配りや、細かい点に気づく方が多いです。子育てしながら働いている方も数名おり、誰よりも業務をこなし、周囲を気配る姿に家庭と両立しながら仕事をすることに憧れつつ、大変尊敬します。

金澤

先輩に教えていただき、成長につなげています。

日々、何十人ものオペレータに目を配り、それぞれの生産性や精度を把握する必要がありますが、なかなか一人ひとりに気が回らず、先輩に指摘をされて反省することがあります。
また指導する際にどうしても悪いところを指摘しまいがちになっていますが、良いところや改善したところにも目を向けるように心がけています。

message

  • 金澤

    休みがとりやすいので
    仕事も休みも充実しています。

    入社暦の浅い段階から、色々と仕事を任せてもらえたり、意見を取り入れてもらえるような風通しの良い環境です。
    女性の多い会社で育休取得率や年休消化率が高いのが魅力だと感じています。
    特に年休に関しては、積極的に取得するよう推奨されているため、気兼ねなくお休みをとることができリフレッシュできています。仕事が忙しかったり、失敗して落ち込んだ時ほど、休みの日に登山やキャンプ、英語の勉強など趣味に没頭することで、気持ちをリセットして翌日の仕事に挑むことができています。

私と一緒に働きませんか?

まずはお気軽にご応募ください
PAGE TOP