interview先輩の声

油布

営業推進部営業推進課

解決困難な壁にぶつかった時
やりがいを感じます。

油布 さん | 2018年入社

  • 油布
  • 責任ある仕事にやりがいを感じます。

    顧客窓口として、お客さまと会社の間を取り持つのが主な仕事です。お客さまからご要望をいただいた際には、社内部署間の橋渡しをする役割も担っています。社内外問わずいろいろな方とやり取りをするため、コミュニケーション能力が求められます。お客さまとやり取りをする際は会社の代表としてお話しさせていただいているため、それに伴う責任はとても大きいですが、その分やりがいも感じることができます。

    業務上、対面でお話をしたり、電話やメールを利用したりする機会がとても多いのですが、ちょっとした言葉遣いひとつで相手に冷たい印象を持たせてしまうことがあります。
    万人受けする完璧なやり取りは難しいかもしれませんが、「これを聞いたら(読んだら)相手はどう思うか」を、常に意識をすることで、相手を不快にさせてしまうリスクを極限まで減らしていきたいと考えています。

  • 油布
  • 失敗を成長につなげる。

    入社後4ヶ月目、自分がやらなければならない作業の全体量を把握し、自分の作業スピードやタスクの優先度を考慮した上で作業計画を立てるといったことができなかったため、一緒に仕事をしていた方々に多大な迷惑をかけてしまいました。
    このとき、自分のスケジュール管理能力等、当時の自分に足りないものを明確にすることができました。
    社員と上長(所属課長)との距離も近いので、不安や悩みが生じても業務上のコミュニケーションを通じて解消しやすいです。

    QC活動等では、自分が中心となって行った活動の成果物や発表のフィードバックを受けたとき、自分の良くなかった点を反省し、次回改善しようと努めます。自分にはまだまだ知らないことが多く、またできないことも多いという観点に立ち、常に失敗から何かを学び、次に活かそうと考えています。

油布

目標はたくさんあります!

仕事での目標は、今副担当として任せていただいている案件について理解を深め、できる仕事の幅を広げることです。自分が中心となって実行できるプロジェクトにもっと携わっていけるよう頑張っていきたいと思っています。

自分が成長するのに必要な課題を見つけたとき、仕事の意欲が湧いてくるタイプなので、自分がまだまだであることを自覚することでモチベーションを維持しています。
例えば、会議に参加していて分からない内容があったとき、自分の案件や仕様に関する理解が足りていないと感じ、もっと理解を深めようと思います。

また、就活時に給与面はそれほど重要視していなかったのですが、入社後東京に配属が決まり、さまざまな手当で予想していたよりも多くの給与をいただいているので、応えられるよう頑張りたいと思っています。

夢を語らせていただけるのならば、私は海外事業にも携わっていきたいと思っています。今は国内での仕事が主ですが、中国の瀋陽に海外拠点がありますし、これから海外でもBPO事業の需要が高まっていくことを考えると、他の海外拠点を構えることも夢ではないと考えています。私は韓国語、英語を中心に語学が得意なので、今後このような海外進出の機会があれば、進んで会社の発展に貢献したいです。

プライベートの目標は30歳になる前に結婚して幸せな家庭を築くことです。仕事とプライベートの両方が充実してこそ、相互に良い刺激を与えると考えているためです。ちなみに子どもは3人ほしいです。

message

  • 油布

    一番の特徴は「人のよさ」

    私がまだ学生だったとき、先に社会に出ていた先輩方はみな口をそろえて、「会社には嫌な上司の一人や二人は絶対にいる」と言っていましたが、この会社に限っては本当にみないい人ばかりです。同僚、上司みながお互いのことを思いやり、働きやすい環境をつくっています。私は新人ですので、周りの先輩方から指導していただく場面がとても多いのですが、みな優しく分かるまで教えてくださいます。パワハラやセクハラといったハラスメント問題が渦巻く現代社会において、この会社はとても健全で働きやすい会社だと断言できます。みなさんも是非、この「人がいい」会社で働いてみませんか。オフィスでみなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

私と一緒に働きませんか?

まずはお気軽にご応募ください
PAGE TOP